全国生活と健康を守る会連合会
   
トップページへ 前のページへ
 
 
全生連の紹介
会からのお知らせ
発行物の紹介
暮らしに役立つ制度紹介
各地の生活と健康を守る会
生存権裁判
アクセス
 
生存権裁判

生存権裁判コーナー

人として生きるために

〈北九州市〉

母親大会、国民救援会大会で生存権裁判支援訴え

 55回福岡県母親大会が春日市・クローバープラザで10月6日、750人が参加して開かれました。春日市長より歓迎のあいさつがありました。
 八幡生健会から11人が各分科会や全体会に参加しました。
 第8分科会「私は心と身体を科学しよう」は、タイトルが珍しく、助言者が精神科医だったので、そこに参加しました。わたしも最近、眠れなく調子が悪いので質問しようと思ったのですが、心の病気をもった家族を抱える人の真剣なたくさんの質問に心が痛みました。
 全体会では馬奈木昭雄弁護士による記念講演「誰もが人間らしく幸せに生きられる社会」のお話がありました。
 運動交流で、福岡県生活と健康を守る会は「生存権裁判勝利を目指す取り組み、許すな!」生活保護基準の引き下げに対する審査請求を865人が行ったことを報告しました。熱気のあった大会でした。

 国民救援会福岡県本部第47回大会が10月6日、戸畑で開かれました。阿南清規原告団長が日頃の支援に感謝し裁判への協力と支援を訴えました。

(2013年10月27日号「守る新聞」より)

 
   
  Copyright (C) 2007 全国生活と健康を守る会連合会 All Rights Reserved.