全国生活と健康を守る会連合会
   
トップページへ 前のページへ
 
 
全生連の紹介
会からのお知らせ
発行物の紹介
暮らしに役立つ制度紹介
各地の生活と健康を守る会
生存権裁判
アクセス
 
中央行動や交渉、声明などのお知らせ

全生連の総選挙にあたっての要求

2012年11月16日
全国生活と健康を守る会連合会

1.大きな4つの争点

(1)消費税の10%への増税を中止させましょう
(2)基準引き下げや扶養の強要強化など生活保護制度の改悪はやさせましょう
(3)原発の再稼働はやめ、すべて即時に廃炉にしましょう
(4)被災者の人間らしいくらしの再建など、大震災からの復興を実現しましょう

2.実現めざす14の要求

①消費税増税と社会保障の一体改悪を実施しないこと。廃止・縮小された税の扶養控除を復活すること。

②大震災の仮設住宅の改善や義援金などによる生活保護の廃止中止、復興公営住宅の建設、医療費免除措置などの再延長をすること。

③福島原発事故の原因究明、被害の全面的な賠償、放射能の完全除染などをすること。

④老齢加算の復活と生活保護基準の引き上げ、年金や最低賃金を引き上げること。

⑤餓死・孤立死をなくし、生活保護の締め付け中止、低所得者に対する熱中症対策や福祉灯油の支給などをすること。

⑥後期高齢者医療制度と障害者自立支援制度の廃止と、国民健康保険の広域化の中止、国保税(料)と介護保険料の値下げをすること。

⑦住民税や国保税(料)などの滞納を理由とした差し押さえなど違法な滞納処分の中止、国保一部負担金をはじめ減免制度を改善すること。

⑧公営住宅の大量建設と家賃補助の実施、入居収入基準と整備基準の条例化による基準引き下げをしないこと。

⑨子ども・子育て新システムの中止を求め、児童手当や児童扶養手当の引き上げ、出産から育児・保育に必要な制度の改善をすること。

⑩3項目実施をはじめ就学援助制度の改善、高校授業料の無償化継続と高校・大学まで給付制の奨学金の支給をすること。

⑪日本の農業などをつぶすTPPへの参加反対、国の生存権保障の責任を放棄する「地域主権改革」と「道州制」の導入をやめること。

⑫首切りや雇い止め、失業をなくすために雇用を拡大し、労働者派遣法の改正と雇用保険のない失業者への対策を行うこと。

⑬憲法第9条の改悪反対、安保条約の廃棄、核兵器の緊急廃絶をすること。名護市への新基地建設とオスプレイ配備と訓練を中止すること。

⑭衆議院比例定数削減を中止し、民意が正しく反映される選挙制度への改善をすること。

以上

 
   
  Copyright (C) 2007 全国生活と健康を守る会連合会 All Rights Reserved.