全国生活と健康を守る会連合会
   
トップページへ 前のページへ
 
 
全生連の紹介
会からのお知らせ
発行物の紹介
暮らしに役立つ制度紹介
各地の生活と健康を守る会
生存権裁判
アクセス
 
守る新聞からのおもなニュース紹介

憲法25条を否定 私たちに死ねと言うのか 生存権裁判で不当判決 新潟地裁

 新潟地裁第1民事部は12月14日、生活保護の老齢加算の減額・廃止取り消しを求めていた生存権裁判で、原告の請求を棄却。厚生労働大臣の減額・廃止決定は合法との判決を言い渡しました。新潟市の山田ハルさん(93)、阿部長治さん(87)、新発田市の長谷川シズエさん(88)の3人が、新潟市および新発田市を訴えていました。(吉田松雄通信員)

実態みない 非情な司法

 老齢加算の廃止から約6年が経過。原告は慢性疾患による身体の不調を抱えて健康状態が悪化し、社会的な孤立感も深めています。生活環境が悪化する中で、暑さや寒さに耐え、食事、入浴、親せきや友人・知人との付き合いも控え、ささやかな要求をひたすら押し殺して生きています。
 判決は、このような原告の現状、訴えを真摯(しんし)に受け止めることなく下されました。政府はいわゆる「生活保護バッシング」を背景に、生活保護基準の引き下げなどさらなる制度改悪を狙っています。その動きに追従するもので、憲法と生活保護法の基本に反するものです。
 判決発表後の報告集会・記者会見には、県下の生活と健康を守る会の会員、労働組合、市民団体、個人ら90人余りが参加しました。
 判決を受けて、原告・弁護団、裁判を支える会は声明を発表。その中で、「国は老齢加算を直ちに復活するとともに、生活保護制度の改悪を速やかに断念すべきある。各地の原告・弁護団・支援する会とともに、老齢加算の速やかな復活を求め、今後も全力で闘う」との決意を表明しました。

怒りの声充満  判決後に集会

 判決後の報告集会。憲法25条を否定し原告の実態を無視した不当判決に対して、参加者全員から大きな抗議の声が上がりました。
原告3人はそれぞれ次にように語りました。
 阿部さん=不当判決です。これからも老体に鞭(むち)打ち、体の続く限り闘います。今後ともご支援をお願いします。
 長谷川さん=6年間必死で頑張ってきたのに、残念で悔しい。このままではあきらめきれず、死にきれない。最後までご支援をお願いします。
 山田さん=今回の裁判はだめでしたが、これからも頑張ります。応援してください。
 また、竹下義樹弁護士は「裁判所が国民の生活を顧(かえり)みずに判決を下すことは許されない。実態に少しも触れようとしていない」とコメントしました。

(2012年12月23日号「守る新聞」)

 
   
  Copyright (C) 2007 全国生活と健康を守る会連合会 All Rights Reserved.