全国生活と健康を守る会連合会
   
トップページへ 前のページへ
 
 
全生連の紹介
会からのお知らせ
発行物の紹介
暮らしに役立つ制度紹介
各地の生活と健康を守る会
生存権裁判
アクセス
 
守る新聞からのおもなニュース紹介

9月の全国大会成功に向けて 「みんなで楽しく」合言葉に 全生連は今年60周年

 今年は、全国生活と健康を守る会連合会が結成され、60年という節目の年に当たります。9月21〜23日には、第40回全国大会が福島県で開かれます。大会成功に向け、8月18日からは、特別月間がスタートします。全国各地で頑張る仲間たちを紹介します。

気軽に訴え読者増やす

札幌市中央区 片山 和恵

 私は、主に精神障害を抱えている方が利用する障害者施設でソーシャルワーカーとして働いています。
 相談では、障害者福祉制度を活用することを始め、多くの相談者は「収入がない、もしくは障害年金のみ」で、生活保護制度を活用することがほとんどです。
 「守る新聞」は、社会的弱者の方の暮らしを守るため、生活保護制度をはじめとするさまざまな制度や、ひとりの要求をみんなの要求にして新しい制度を作り出す運動が掲載されています。
 私は、施設の職員や利用者に「私たちの暮らしを守るために前面に立って運動している守る会の新聞を読んで!」と声をかけます。
 また、他の事業所職員にも「利用者の暮らしを守る制度が紹介されている。障害者福祉だけではなく社会保障・社会福祉が改悪されている。厚生労働省を相手に直接交渉している守る会の活動を知ってぜひ応援してほしい」と気軽に訴えて読者を増やしています。

「みんなで行動」が大切

東京都足立区 加藤 美鳥

 私は、東京都生活と健康を守る会連合会(都生連)の常任理事と足立生活と健康を守る会の副会長を務めています。足立では、全国大会成功を目指して、会員1050世帯、新聞1500部の目標を立てて取り組んでいます。
 8月2日の都生連決起集会までの目標は会員1000世帯、新聞1300部とし、現在995世帯、1250部(7月18日現在)まできています。
 7月15日の拡大行動には、会員10人が参加して、2人ずつ5組になって、元会員や、会員宅に紹介カードを持って訪問しました。会員宅に訪問したときには、その会員の息子さんを紹介してくれ、その場で入会しました。
 会員で知り合いの人に頼み、連絡を取ってもらい「都営住宅の家賃減免」などの話しをする中で、拡大してもらいました。
 また、カラオケなどの交流会の楽しさなども訴えて増やしています。この間病気入院で、会を離れていた人も再入会しました。みんなで行動することが大切です。

仲間増で“大きな力”に

神奈川県大和市 原  聡

 私は、神奈川県大和生活と健康を守る会・上和田団地班の会員です。「会」に入って6年目になり、体を壊して障害年金で生活しています。
 「会」との出合いは、知人から「市との国民健康保険税(料)で交渉があるけど参加しないか」と誘われたのがきっかけです。他団体からの参加も多かった交渉で、たまたま大和守る会の西村よし子事務局長から、新聞を勧められ読者になりました。その後すぐに会員になりました。
 私は、普段出入りしている床屋さんや、雑貨屋さんなどの知り合いに、入会や新聞を勧めています。特にみなさんが興味あるのは、「消費税」「医療費」「年金」の3つです。
 その人に合った内容の「守る新聞・制度紹介(3面)」を探して持っていきます。3割ぐらいが読者になってくれています。読者から要求を持ってきてくれた時が入会を勧めるチャンスです。一人でも多く仲間を増やせば、要求実現の大きな力になると思います。

新聞40部増やしました

堺市北区 松谷 スエノ

 近所付き合い程度で、入会していた私でしたが、夫が3年前に大病になり、仕事も失いました。不安いっぱいで、事務局に相談したら、役所への手続きなど丁寧に指導してくれて本当に心強く大助かりしました。それから「知らないと損をする」といろいろな学習会や他団体の集会にも積極的に参加しました。いつでもどこへ行く時も見本紙を何部か持っています。知人に会うと、すかさず出して、購読を訴えてきました。短期間でもいいからというのが私の「技?」です。夫は元気になり、ご近所の人には、こういう文言でお願いすればと拡大に協力してくれています。事務局発行のニュースで「『私も増やしたよ』のコーナーに、今週も載ってたね! 頑張ってるね!」の周りの声にも励まされました。目標まで、1部となって、記念すべき人に勧めたいと、思案している折、孫の結婚報告を受けました。「おめでとう」とともに、40部目を達成することができました。

(2014年8月10日号「守る新聞」)

 
   
  Copyright (C) 2007 全国生活と健康を守る会連合会 All Rights Reserved.