全国生活と健康を守る会連合会
   
トップページへ 前のページへ
 
 
全生連の紹介
会からのお知らせ
発行物の紹介
暮らしに役立つ制度紹介
各地の生活と健康を守る会
生存権裁判
アクセス
 
守る新聞からのおもなニュース紹介

止めよう!改憲発議

市民と野党の共闘で
安倍政治を変えよう

 安倍晋三首相は「(憲法改正を)発議しないのは国会議員の怠慢」「国の理想を語るのは憲法だ」と述べ、改憲への暴走が止まらない情勢。日本国憲法が72年前に公布された11月3日、安倍改憲は許さないと各地で集会が開かれました。東京では、「止めよう!改憲発議―この憲法で未来をつくる 11・3国会前大行動―」が国会正門前にメインステージを置き国会周辺を1万8000人(主催者発表)でとり囲みました。(前田美津恵記者)

 「総がかり行動実行委員会」と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が呼びかけたこの集会のスローガンは「ウソだらけの安倍政治を変えよう」「辺野古新基地建設を阻止しよう」。市民団体や労働組合、憲法を守ろうと地域の名前の入ったのぼり旗などが林立する中、開幕しました。

一点で国民つながろう

 主催者を代表してあいさつに立った福山真劫(しんごう)さん(総がかり行動実行委員会共同代表)は、暴走し続けた安倍政権は「行き詰まり崩壊が始まっている」「森友・加計問題、辺野古基地建設の強行、悪いのは安倍だー」と呼びかけると、「そーだ」の声。
 政党からは到着順に社会民主党の又市征治(せいじ)党首、日本共産党小池晃書記局長、立憲民主党の有田芳生参院議員、国民民主党の小宮山泰子衆院議員がそれぞれ、安倍改憲阻止、安倍政権退陣を共に闘う決意を述べました。
 各分野からの発言では、名護市辺野古への米軍新基地建設に反対する「オール沖縄会議」共同代表の高里鈴代さんが、沖縄知事選で玉城デニー知事勝利の要因は「市民と野党が一緒になり、保守といわれる経済界の人も加わり、“辺野古に基地をつくらせない”の一点でつながったことです」と報告。「憲法改悪を認めない、安倍政権を倒すという一点で全国の人々がつながりましょう。それが、辺野古の埋め立て中止につながっていく」と述べました。

頑張ろうと決意新たに

 憲法学者の清水雅彦日本体育大学教授は「憲法は国民が国家を縛(しば)るためのもの。憲法を守る責任がある首相が率先して改憲を訴えるなど明確な憲法違反だ」と述べ、「9条改憲阻止の3000万署名を集め、選挙で勝っていくことが重要だ」と強調しました。
 ピースボート共同代表の川崎哲さん、「24条変えさせないキャンペーン」の濱田すみれさんなど各分野から発言が行われました。
 3000万署名を1万5240人分集めている荒川生活と健康を守る会から、3500人分の署名を集めた平山敏秋さん(69)が参加。平山さんは「憲法を変えるということは、多数を持つ政党が強行的にやるものではない。沖縄の代表の発言を聞き、安倍政治を変えるのは野党と国民が一つになっていくこと。頑張ろうと思った」と語っています。


輝け憲法
11・3おおさか総がかり集会

 大阪では、「輝け憲法!ともに生きる社会を! 11・3おおさか総がかり集会」(実行委員会主催)が1万2000人(主催者発表)の参加で開かれました。寝屋川生活と健康を守る会からは5人が参加し、城山猛(たけし)さん(68)は「野党がそろって安倍退陣を訴えたことが印象的でした」と話します。

(2018年11月18日号「守る新聞」)

 
   
  Copyright (C) 2007 全国生活と健康を守る会連合会 All Rights Reserved.